写真大好きスタッフがおくるフォトテクニック集

column 2カメラ別 かんたん撮影テクニック!

カメラ別!撮影のツボ

スマホ・コンパクトデジカメ・一眼レフ、カメラのタイプ別に、写真好き年賀家族スタッフ3名が「撮影のツボ」を
ご紹介!お手持ちのカメラを使った撮影のツボを手軽に知りたい方におすすめのコラムです。

スマホでカンタン素敵に写真を楽しもう!

日常のシーンを手軽に写すなら、やっぱりスマホ!自宅でも外出先でもさっと取り出してすぐに撮影できるから、毎日の写真を撮るのが楽しくなりました。
そんなカンタン手軽なスマホ写真を、ちょっぴり素敵にするコツを教えます!

スマホ写真の楽しみ方

日常の写真からちょっとした記念撮影まで「写真はスマホで!」という人も多いですよね。写真の魅力は何と言ってもその手軽さ。いつでも身近にあるスマホだから、一日中撮影スタンバイOK!面白いものや、素敵ものを見つけたら、どんどん撮影しちゃいましょう。
また撮った写真をアプリで加工することで、よりオリジナリティのある作品づくりにもチャレンジできます。SNSを使ってその場で作品を公開したり、みんなとカンタンに写真を共有できるのも嬉しいですね。
使う人に合わせて進化を続けるスマホ写真の楽しみ方は、今後もますます広がってゆきそうです!

スマホでうまく撮るコツ

手ブレを極力抑える

薄くて軽いスマホは、通常のカメラよりも手ブレを起こしやすい。シャッターを切る瞬間に手元が動かないよう、姿勢や持ち方に注意してみましょう!

(1) 脇を締めてスマホの下側を支える!
撮影する時は脇を締めてスマホの下側を指でしっかり支えることがポイント。
安定感が増して手ブレが起こりにくくなります。
(2) シャッターは優しく!
シャッターを押す瞬間がいちばん手ブレしやすくなる。
画面上のシャッターボタンは、優しくタッチしましょう。

基本撮影 まずは被写体のポイントをタップ

シャッターを押す前に、スマホ画面上でポイントとなる部分を指でタップしましょう。ポイント部分にピントを合わせると同時に、明るさも調節してくれます。撮影前にレンズ部分の汚れやくもりを拭き取っておく事も忘れないでくださいね。

スマホ写真を素敵にするひと工夫

何気なく撮っている写真が、「なんとなくつまらい」「イマイチ決まらない」と感じたら、撮影方法を少しだけ変えてみましょう。
手軽に撮影できるスマホだからこそ、ちょっとした工夫で写真の仕上がりが見違えることも。

(1) 気になる部分にクローズアップ
スマホカメラはクローズアップ撮影が得意!標準のカメラレンズでは近すぎてピントが合わない距離でも、スマホならじっくり近くまで寄った写真を撮ることができます。
見慣れた物でも一部分をクローズアップするだけで、いつもとは違った雰囲気の写真に。アクセサリーなど小物を使った作品づくりにもぴったりです。
(2) おもいっきり低い位置から撮る
スマホのコンパクトさと画面の大きさを利用して、地面スレスレの位置から撮影してみましょう。写真に不思議な奥行き感が生まれます。
人が普段見る事のない目線をねらう事で、意外性のあるおもしろい写真になる可能性大です。室内外問わず、簡単に出来るテクニックです。野外での撮影で特に使って欲しいテクニックです。
(3) 窓際の光でワンランクアップ
暗い場所で撮ったスマホ写真は、画像にザラザラとしたノイズが目立つため、いかにも「スマホで撮りました!」という雰囲気になりがち。
被写体をきれいな画像で残したいときは、自然の光をたっぷり取り込める窓際がおすすめです。
(4) グリッド表示で構図を意識
構図づくりにこだわるなら、画面にグリッド(格子状の線)を表示させておくのがオススメ。線を意識しながら画面を3つに区切るイメージで撮影すると、バランスの良い写真になります。被写体をきちんと平行に撮りたい時の目安としても便利です。

基本撮影 シルエット撮影に挑戦

ちょっぴり難しそうに見えるシルエット写真もスマホなら案外簡単。被写体が逆光になる位置に立ってスマホを構えたら、まずは画面の中で一番明るく見える部分を指でタップ。一度でうまくいかない時はタップする場所を微妙に変えながら、被写体がうまくシルエットになる箇所を見つけましょう。よく晴れた日、太陽が傾いてきた午後や夕焼け時にチャレンジすると成功率アップです! 照明を背景に利用して撮るのも面白いですね。

  • 年賀状
  • 年賀状
  • 年賀状
  • 年賀状

スマホ写真には枚数がたくさん入る写真8枚以上のデザインがおすすめ。
最大で43枚の写真を入れることが出来るデザインもご用意しています!
お気に入りのスマホ写真を集めたら、1年の記録として年賀状にして送りましょう!

写真8枚以上のデザインはこちら 

  フォトテクニック集トップへ戻る

トップへ戻る