ご利用ガイド

編集操作ガイド

写真の配置

登録された各写真を好きな位置に配置する方法

2通りの方法があります。
お好みの方法でお試しください。

まず右メニューの「③写真を登録しよう」を選んで下に登録した写真の一覧を表示させてください。

写真の配置:1つ目の方法
デザイン内の変更したい写真の「クリックして写真を選択」をクリックして選択状態にします。

選択状態になったら「写真」の写真一覧が出てきますので適用したい写真をクリックします。

これで希望の場所に写真が配置されます。

写真の配置:2つ目の方法
ドラック&ドロップで配置する方法です。
まず「③写真を登録しよう」を選んで写真の一覧を出します。

配置したい写真をつかんで(クリックしながら移動)レイアウト画面の方に持っていき、写真を適用したい位置で離します。(クリック解除)写真の赤い「×」が緑色に変わったら適用できる合図です。
これで希望の場所に写真が配置されます。

【ヒント】複数の写真を自動的に一括でレイアウトする機能

デザインの写真を入れる部分に自動的に写真を一括で配置する機能があります。
右の編集メニュー「③写真を登録しよう」を選んで、下にある「写真一括操作」ボタンを押します。この機能で現在登録している写真が一気にデザインに反映されます。

「登録時の並び順で一括配置」
「ランダムに一括配置」
写真の並び方がそれぞれ異なります。

「登録時の並び順で一括配置」の場合

写真登録画面の並んでいる順番によってデザインに配置されます。

この順番は変更出来ます。

「写真登録」ボタンを押して写真登録画面に入ります。

写真登録画面で、順番を入れ替えたい写真をクリックしながら移動します。移動したい位置に移動したらクリックを解除します。

これで順番が入れ替わります。

「ランダムに一括配置」の場合

登録した写真から、毎回バラバラの順番で配置されます。意外性があるので新たな発見を得られる面白い方法です。

写真の位置調整

移動・拡大縮小・回転して綺麗にレイアウトしましょう。

まずはレイアウト画面上の写真を選択して編集できる状態にできます。

編集できる状態の時は写真が左図のような状態になります。

写真の移動

編集状態で写真部分にカーソルを持って行くとカーソルが手の「パー」の状態になります。

この状態でクリックしながら移動すると写真を移動することができます。

写真の拡大縮小

写真の4つ角にある斜め矢印のハンドルが拡大縮小ツールです。

ハンドルにカーソルを合わせると指マークになります。

この状態でクリックしながら動かすと写真を拡大・縮小できます。

写真の回転

写真の4つの辺にある円形の矢印のハンドルが回転ツールです。

ハンドルにカーソルを合わせると指マークになります。

この状態でクリックしながら動かすと写真を回転できます。

上級者写真移動モードについて

写真の一覧画面の上に上級者写真移動モードがあります。

通常はあらかじめデザイナーによって決められた写真表示の場所にめいいっぱい写真がおさまるよう写真の位置調整に一定の制限がかかっています。

上級者写真移動モードがオンの時は写真の表示場所に関係なく写真を自由に配置できます。そのかわり写真の周りに意図しない余白や隙間ができたりする場合がありますのでご注意ください。

【ヒント】写真周りの赤い枠や「写真に余白が存在します」というメッセージは何?

写真を入れる位置は、灰色のエリアで示されています。

これはデザイナーが綺麗に写真がレイアウトできるように指定したエリアです。

左図のように、灰色のエリアが見えてずれている状態になると余白がある写真エリアが赤い枠で縁取り表示され注意を促しています。

また保存ボタン横に「!」が現れこちらにカーソルを合わせると「写真に余白が存在します」という注意が出ます。

この灰色のエリアに、めいいっぱい写真が入っているとデザイナーの意図どおりに綺麗に配置されますが、余白がある状態で注文すると、はがきの背景部分が出てきて問題が起きる場合がありますので注意を表示しています。

「プレビュー」ボタンを押すと、アラートや写真のエリアを示すグレーが消えて実際の仕上がりのようなイメージになります。

左図の例では写真が複数並んでいますが、それぞれバラバラの余白がでてしまいレイアウトがガタガタしている状態となっているのが確認されます。

余白なくレイアウトすると綺麗に整列します。

また、端までめいいっぱい写真があるデザインも余白があると、印刷に出てくる場合があります。

例えば、写真を端まで入れたいけど顔などがありハサミのカットエリアにかかってしまうのでわざとに余白を作った場合です。
カットは機械の都合で多少誤差が出ますので余白が完全にカットされずに細いラインがはがきの端に出てしまう場合があります。

このようにならないためにも写真は余白がないようにレイアウトされることをおすすめします。
端ギリギリまで重要な被写体がある写真はなるべく端のカットラインにかからないような写真枠のあるデザインをお選びください。

【ヒント】写真の拡大には限界があります。

十分大きなサイズの写真は拡大しても綺麗に印刷されますが、サイズが小さい画像はある一定以上に拡大すると急にギザギザが目立って荒く印刷されてしまいます。

このような事にならないよう、年賀家族ではお使いの写真のサイズから拡大できる限界を計算し、それ以上拡大することができないような仕組みとなっています。

場合によっては、写真が拡大出来ないために写真に余白が出てしまう場合があります。

このような場合は、デザイン内で扱う写真の大きさに対してご利用の写真サイズが小さいためもう少し小さめの扱いの写真枠があるデザインをお選びになるか、もう少し大きいデータサイズのお写真に変更頂くかをご検討ください。

【ヒント】はがきの裁断エリア(ハサミの点線表示)について

このハサミの点線より外側は製造の時にカットされる部分です。

はがきは銀塩写真ペーパーとハガキを貼りあわせて製造しますが、その際ふちの張り合わせ部分を綺麗に仕上げるための一般的な製造方法です。

ただし、カットは機械で高速処理されるためカットされる位置に多少の誤差が生じます。
そのため「どうせカットされるから写真に余白がでてもいいや」と余白を作ってしまうと場合によってはその余白が完成品に出てしまう場合があります。

綺麗に仕上げるためにはカットされる部分も余白を作らずに綺麗に納めて頂けると意図通りのデザインに仕上がります。

また、カットラインの内側でも全体的に裁断がずれた場合、内側にずれてカットされてしまう場合も想定されます。

可能な限り切れては困るお顔など重要な部分は
カットの想定ラインよりもさらに内側に納めて頂けると安全です。

写真の端ギリギリまでお顔など写っているような写真の場合はご注意ください。

トップへ戻る